• banner01
  • banner02
 

まるきの魚

こだわりの飼料

飼料


まるきの魚のベースとなる5つの要素を、こっそりとお伝えします。


1. モリンガ(森のミルク)

飼料『奇跡の木』や『森のミルク』などとも呼ばれるハーブ『モリンガ』は、表のとおり 栄養価が高くアフリカでは多くの栄養失調の子供達を救っているスーパーフードです。 ハーブと聞くと臭み消しのイメージがありますが、モリンガはポリフェノールによる抗酸化作用が強く魚の健康と日持ちする透明感のあるキレイな身質に効果を発揮します。 2日目・3日目の熟成した時の色・旨味に差が出ます。






2. 活性炭(ヤシの実活性炭)

飼料活性炭は内臓の老廃物や毒素などを吸着排出、生臭みや養殖臭みが少なくなります。腸管に入った活性炭は善玉菌を増やし、腸内を活性化すると言われています。








3. 木酢液(スモークフレーバー)


飼料備長炭を焼く時に出る煙を冷やした純度の高い木酢液です。木酢液を餌に混ぜると酢酸効果が強く、食欲増進と胃腸の活性化、特に腸管の蠕動(ぜんどう)運動が活発になり、絨毛が発達し腸管自体の厚みが増し免疫力アップと成長促進に期待できます。つまり、外から入るものの質もありますが、内側の受け取る力によって結果に大きく差が出るということです。腸の吸収力が健康を左右し、健康であれば投薬を減らすことができるのです。






4. 漢方(チョウジ・カンゾウ)


飼料古くから漢方薬としても使われるチョウジ・カンゾウ。チョウジは食欲増進に効果があり、カンゾウは免疫力の強化、抗ウィルス作用や抗炎症作用の効果があり健康な魚を作ります。








5. ブドウ種子(ブドウ種子ポリフェノール)


飼料抗酸化作用が強いということで健康食品としても人気のあるブドウ種子ポリフェノール。プロアントシアニジンの抗酸化作用によりハーブ同様、魚の身質の良さや日持ちの良さの効果があります。









これらの5つの要素が、天然の魚とは違った旨味を作り出します。

つまり、まるきの魚は…「養殖だから創れる魚」なのです。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

Pick Up

Buyer’s Select

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ